旧ブログから'19/11 引っ越しました。サイト内リンクが旧ブログに飛んでしまうことがありますがご勘弁にゃ! m(__)m

にゃんこが我が家にやって来る~物語 3

これまでのお話はこちら

年明け。

里親募集の条件にはお決まりのように「単身者不可」の文字。
住居環境の話しならまだしも、ボクには猫と暮らす資格もないのかと、本当に凹む

しかし、一方で、「一人暮らしですが、猫飼えますか?」みたいな質問サイトを見てると、「自分のしたいこと、生活はかなり制限されますが、その覚悟があるようなので、大丈夫。頑張って」のような回答が多く見られる。
一部のボランティアさんからすれば、文句言われるかもしれない回答かもだけど、自分に宛てた回答でもないのに、とても勇気付けられた。

そして、気を持ち直して…

幾つかの里親募集サイトを見ていると、家も割と近い、一般の方からの募集発見!!

雨の中、ブルブル震えてた子猫。呼ぶと近寄ってきて...
思わず保護しちゃったけど、ペット不可住宅なので、ということらしい。

実は昔、会社の帰り道、雨の中、側溝で足首まで流れる雨水に浸かり震えてる子犬(多分、チワワかマルチーズ)と目があったんだけど、そのまま見なかったことにして通り過ぎたことがあり、その時の子犬のつぶらな瞳が瞼から離れず、ずっと後悔してた。

同じ状況。
違うのは保護したのと見過ごしてしまったのと。
あの時の場面がまたしても思い浮かび
思わず保護しちゃった方の気持ちが、痛いほどわかる。

ボランティアさんとのやり取りにはトラウマ抱えちゃったけど、一般の方なら!というのもあって、
矢も盾もたまらず、応募!!!

早速お返事いただき、細かいどうでもいいような条件はなかったんですが、
逆に「6人から応募があり、住居環境と猫を飼うのにあった人柄を選びたい」の様な内容。
勿論、それは当然のことなんだけど、「人柄」という単語で、ほぼ諦めムード(T ^ T)

ただ、待つのみ....

続く (=ΦエΦ=)ノ~~~

にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ
  ←ポチッとしてくれたら、飼い主が喜ぶにゃん☆
 ←アタシたちにも、おやつのおこぼれあるかにゃ?★

コラムみたいな?【文章】
にゃんQをフォローする
茶々と不二子はチーかま大好き

コメント

タイトルとURLをコピーしました