旧ブログから'19/11 引っ越しました。サイト内リンクが旧ブログに飛んでしまうことがありますがご勘弁にゃ! m(__)m

にゃんこが我が家にやって来る~物語 2

猫と暮らす!!という決意と行動を開始したボクですが...

.....ボランティアさんが募集する里親の条件ってのが、結構厳しく、
「ペット可のお住まい、家族全員の同意を得ている」は当然としても、
「単身者だめ、年配者ダメ....」
特に「男性一人暮らしはダメ」って、女性は良くて男はダメって理由がよくわからない(`_´)。
こちら、自宅での仕事が主で、大金持ちの娘で、働かなくても経済的心配いらぬ!って女なら別だが、「通常は外で働いている事の多いはずの一人暮らしの女性」より、よっぽど家にいる時間は長いんっすけどぉ

まぁ、ボランティアで保護猫の里親募集してる側からみれば、数も多いし、過去に嫌な思いしたり、聞いたりして、足切りじゃないけど、できるだけ少ない労力で確率の高い里親を集めるには、このようなシステマチックというか、事務的で紋切り型の募集じゃないとヤッテランナイ!ってのはあるんだろうけどね。

そんな中、なんとか条件提示をくぐり抜けられそうな募集を見つけて応募、というか問い合わせてみる。
経済的に大丈夫か?とか、仕事は何をしてるか?とかの問いにも耐えて何とか交わして、少しずつ進め、子猫はダメだが、成猫ならOKという所までたどり着くが、まぁ結果的には破談。

なかなか、こういうの、難しいっす。

凹みます。


ニャンコを向かいいれるために少しずつ準備していた猫グッズも、見ていると虚しいので、押入れにいれちゃいましたよ。

猫専用(になるはずだった)部屋が....がら~~~~ん orz

虚しさだけが誇張....(T^T)

年内にニャンコを向かい入れ、正月に親戚が集まる時には披露、という目論見も闇へと...。

続く (=ΦエΦ=)ノ~~~

にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ
  ←ポチッとしてくれたら、飼い主が喜ぶにゃん☆
 ←アタシたちにも、おやつのおこぼれあるかにゃ?★

コラムみたいな?【文章】
にゃんQをフォローする
茶々と不二子はチーかま大好き

コメント

タイトルとURLをコピーしました